2006年07月13日

ボブラジ、再び

ボブラジとは何か? それは前に書いたので省略だ。

今日は第11回目。テーマは「flowers」。ディランはバラの花に関する曲をたくさんかけて、最後にバラのトゲに関する曲、コステロ&トゥーサンの"The Sharpest Thorn"を流した。自伝でニューオーリンズに対する愛情を綴っていたディランが『River in Riverse』を聴いたなんて。同じ音楽を聴いていることがしみじみと嬉しく、また、ニューオーリンズを愛するディランの胸中を思うと少し切ない。

と同時に、下世話な考えが頭をよぎる。「これ、新譜のイイ宣伝になっているよな」と。今晩だけじゃない。来週の火曜日まで再放送されまくるのだ。うーん、どんな宣伝文句よりも効き目がありそうな気がするぞ。なんてな。

気にし過ぎかもしれないが、このラジオ番組でディランが「Elvis Costello」と言ったのは今日で3回目。これからも言い続けて、私をドキドキさせて欲しいものです。
posted by hitomi at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 聴いた、見た、買った | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

River in Reverse [LP/USA]

デカジャケ リバー・イン・リバースHMVで注文していた『River in Reverse』のアナログ盤、ようやく到着(→HMV.co.jp)。先々週のぞいたときは見かけなかったけれど、ディスクユニオンやレコファンも入荷しているのかな。

些細なツッコミ所に目をつぶれば、このアルバムのジャケットが大好きだ。私はデザインに関してド素人だが、このいかにも名盤然とした佇まいは最高に格好良いと思う。重心が下にあるどっしり感にも、ほっとする。ダークな色の中に、黄緑色のタイトル、アランのネクタイ&チーフ、コステロのシャツ&帽子の羽飾りが映えていることろも好き好き。うむ、こんなに好きならLPで買って正解だな。EU盤CDよりも日本盤CDのジャケに近い発色も好みである。

しかし重いなこのレコード。180g重量盤どころじゃない重さだぞ。と、封を開けてみると、なんと2枚組だった。HMVの商品説明の「組み枚数:1」を信じきっていたせいか、なんとなく得した気分。

side A:
1. On Your Way Down
2. Nearer to You
3. The Sharpest Thorn

side B:
1. Tears, Tears and More Tears
2. Who's Gonna Help Brother Get Further?
3. The River in Reverse

side C:
1. Freedom for the Stallion
2. Broken Promise Land
3. Ascension Day

side D:
1. International Echo
2. All These Things
3. Wonder Woman
4. Six-Fingered Man

収録曲は通常盤CDと同じ。アナログonlyのボーナストラックとかはナシ。唯一CDと違うのは、"Sharpest Thorn"と"Tears, Tears and More Tears"の順番だ。この2曲の位置だけが入れ替わっていているのね。なんでだろー。ここを入れ替えれば、A〜D面全部にコステロの名前がクレジットされるからかな? 正解は分からないが、この順番で聴いても収まりよく感じられるのはコステロとアランの相性の良さゆえ? 3曲聴いて、深呼吸して、盤面をひっくり返して続きを聴くというスタイルも趣があって好き。「そんな面倒なこと、別に楽しくないし」と言われればそれまでだが、音楽配信サービスなんかじゃ味わえない喜びであります。
posted by hitomi at 16:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 聴いた、見た、買った | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BOAO8月号、No Depression Vol.64

BOAO8月号を書店で確認。確かにコステロとアランのインタビューは載っていた。が、カラー1ページくらい割いて欲しかったな〜とか、写真は撮り下ろして欲しかったな〜とか、財布の寂しさをごまかすために無理矢理不満を並べ立て、購入せず。マガジンハウスさん、おしゃれセレブの行きつけショップにゃ興味のない人間でごめんなさい。

いろいろ諦めたものの、やっぱり紙モノが欲しくなりElvis Costello Fan Forumに書かれていたNo Depressionをネットで探し、注文。送料込みで11ドルちょっと。中身が分からないジャケ(表紙)買いだけど、表紙になっているくらいだし。きっと内容も濃いはずだろう、と勝手に期待。

あー、そろそろレココレあたりでコステロ特集してくれないかなあ。
posted by hitomi at 00:52| Comment(0) | TrackBack(2) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

ラピタ8月号、THE DIG No.45、beatleg8月号

まとめて書店で確認。

ラピタはカラー1ページ。文字少ない。コステロ二言、三言。
THE DIGはモノクロページ。思っていたよりも扱いが小さい。
beatlegにはEC、AT、SN("purple kimono")の6/13の写真。

全部買ったら3000円ちょいか。厳しいなあ。
お財布に相談したら「全部買うのは無理だろ」だってさ。
明日発売のBOAOをチェックして、4冊を天秤にかけることにしよう。
posted by hitomi at 00:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

二世誕生!?

ここから来たメールを読んでビックリ。ちょっと奥さん! コステロさんのお宅、お子さんが生まれるらしいわよ! さっそくayakoさんに言わなくちゃー、と井戸端会議好きなオバチャン根性を発揮してみたら、とっくに書いてあるし。さすが。

これで私の野望(ダイアナ出産→コステロ我が子にメロメロ→勢いでChildren's Songsアルバム製作)に、また一歩近づいたってもんです。いいぞいいぞ。ふっふっふ。

しかし、ひとつ心残りなことが。コステロが来日したとき、首に縄つけてでも『笑っていいとも!』に出演させるべきだったのでは? いまからでも遅くない。12月までにもう一度来日して、タモさんに安産祈願をしてもらうのだ! ついでにインポスターズとクレッセント・シティ・ホーンズ、アンソニー・ブラウンとアラン・トゥーサンも連れてきてライブをするのだ! って、どっちが「ついで」なんだか。

冗談はさておき。お二人さんおめでとう。ダイアナさん、お大事にどうぞ。極東の地から安産を祈っておりますぞ。
posted by hitomi at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

bounce7月号

バウンス2006年7月号タワーレコードのフリーマガジン最新号。本日より配布開始。

写真は左上から時計回りに、表紙、ニューオーリンズ特集記事、タワーレコード『No Music, No Life』の広告、広告フォトセッション時のレポート。

予想以上に盛りだくさんな内容で、満足度高し。広告写真の撮影裏話、面白すぎだよ。コステロとアラン、中島さんにメロメロすぎ(笑)。

『No Music, No Life』のポスターの読者プレゼントもあり。応募しなくては。
 
 
posted by hitomi at 18:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 聴いた、見た、買った | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

intoxicate Vol.62

イントキシケイト インタビュー今日タワレコ行ったら、もう配布されていましたよん。アラン・トゥーサンのインタビューがカラーで載っています。活字でも、いや活字だからこそこっちの妄想力が膨らむのかもしれないけれど、アランの包容力って言うんですか? その一言々々に彼の懐の深さを感じずにはいられない、とても良いインタビューでした。

非常に気になったのは、筆者の「その後も(コステロとの)共同作業は続くのだろうか」という問いかけに対し「どうかな。あと5〜6曲録音した。それらはいずれ発表されると思う。今後のことは分からない」との回答。5〜6曲? いずれ発表されると思う? んもう、ぜひ発表していただきたいところです。お願いしますユニバーサル様。
posted by hitomi at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴いた、見た、買った | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

今後のメディア情報

Yahoo!掲示板に、なんともありがたい投稿が。あくまでもアラン・トゥーサンに関する情報のようですが、きっとコステロ兄さんも多少は絡んでくることでしょう。情報ありがとうございます(って、ここで感謝しても伝わりませんよねゴメンナサイ)。

以下、私が知らなかった情報のみ抜粋&私に都合のいいよう並び替え&微妙に補足。
6月25日(日)
intoxicate (タワーレコード) / インタビュー (A.Toussaint) *
bounce Vol.277(タワーレコード) / 表紙、インタビュー
*これ、偶数月20日発行だと思うのですが。発行日変わったのかしらん。

7月2日(日) or 9日(日) 24:00〜24:30
SHOWBIZ COUNTDOWN (テレビ愛知制作、テレビ東京系列) / コメント他

7月6日(木)
Lapita 8月号(小学館)/ インタビュー

7月7日(金)
BOAO 8月号(マガジンハウス) / インタビュー記事

7月25日(火)
bounce Vol.278(タワーレコード) / インタビュー(A.Toussaint)

8月1日(火)
BRUTUS Vol.599(マガジンハウス) / インタビュー(A.Toussaint)

8月25日(金)
エスクァイア日本版 10月号(エスクァイア マガジン ジャパン) / インタビュー特集 (A.Toussaint)

8月下旬
ニューオリンズ特集本(タワーレコード) / インタビュー (A.Toussaint)
一般誌で取り上げられると知り、思わずガッツポーズ。永続的なファンを獲得できるかどうかは知らんが、興味のない人にとってキッカケになればいいなと思う。しかしBOAOって。果してどのよう扱われるのか、実に楽しみであります。

事前にメディア情報が分かっていると本ッ当に助かります。こんなにたくさん、知らなかったらチェックしきれないもの。

余談だが、昔とあるミュージシャンの来日公演に行ったときのこと。終演後にスタッフの方からセットリストをいただき、その裏面を見てギョッとしたことがあった。なんと、そのミュージシャンの来日中のスケジュールがビッシリ書いてあったのだ。宿泊地やオフタイムの情報は、モラルの問題として見なかったことにし、忘れるよう努めた。が、「×月×日 ◯◯◯の取材」「◯月◯日 △△△のインタビュー」といった類の情報は大いに活用しまくりましたゴメンナサイ。すぐさま手帳にメモし、後日掲載誌をチェックしまくりましたゴメンナサイ。

えーと、何の話だ? ああ、メディア露出情報サンキューって話だ。せっかくいただいた情報です。漏らすことなくチェックさせていただきます。知らなかったらきっと見逃していたですよ、ラピタとか。
posted by hitomi at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

フジテレビ 中島美嘉 特番

以下、中島さんのオフィシャルサイトより引用。
フジテレビで特番が放送される事が決定しました! 内容は、ニューオーリンズロケや先日品川教会で行われたプレミアライブの模様、インタビューなど盛りだくさん。みなさんお楽しみに!

タイトル:
中島美嘉 よみがえれ ニューオーリンズ 〜再生への祈り〜

放送局:
CS放送=スカイパーフェクTV!フジテレビ721
地上波放送=フジテレビ【初回放送日時】

放送日時:
CS放送=7月1日(土)21:00〜22:30 <再放送>8月2日(水)23:00〜24:30 ほか
地上波放送=7月18日(火)26:43〜27:43予定
CSは見られないから諦めかけていたのだが...! 少し先になるけれど、地上波でも見られるなんてウレシイ! 当然アランとコステロも映るよね、ね? っていうか映してくださいお願いします。
posted by hitomi at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/17 Bonnaroo Music Festival

早くもボナルーの写真がネット上に。
http://www.filmmagic.com/ItemListing.aspx?cgl=192411&evntI=0FilmMagic

きっとボナルーのオフィシャルサイトPhoto Galleryにも、そのうち写真がアップされることでしょう。っていうかアップしてくださいお願いします。

追記[2006/06/19]:
コステロのPhoto Gallery、ページはできたもののエラーで写真が見られなかったので「このページ、何か問題がありません? 写真が見られなくて悲しいでーす」というメールをbonnarooに送ってみた。そしたら、即、「メールありがとう。2006年のチケットは完売しました」という自動返信メールっぽいものが届いた。orz
送信先が悪かったのだろうか。いつか修正版をアップしてくれますように...。
posted by hitomi at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴いた、見た、買った | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

明日はボナルー・ミュージック・フェス

Bonnaroo Music & Arts Festivalと言っても、これから現地に乗り込むわけではない。コステロのオフィシャルサイトをのぞいたら、「AT&Tのblue room でBonnarooフェスのストリーミングやるから見てね!」との情報が。さっそくサイトを見てみたら、やってるやってるー。いまトム・ペティやってるー。すごいなあ、これ、ライブ丸ごと? コステロのステージも絶対に見なくちゃ! タイムテーブルはこちらを、映像観るならこちらをクリック。

コステロがステージに立つのは6月17日17:30(現地時間)とのこと。日本だと明朝かしら。時差14時間くらい? ってことは、朝7時くらい? うへー、今日呑みに行っちゃうんだよなあ...。早起きする自信ないなあ...。あ、寝なきゃいいのか。
posted by hitomi at 12:47| Comment(2) | TrackBack(2) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

ディランのラジオにコステロキター!

Bob Dylan's Theme Time再放送あります。詳細はのちほど。

追記:
アメリカの有料ラジオXM Satellite Radioに、ボブ・ディランがホストを務めている『Theme Time Radio Hour』という番組があるのですが。以前書いた通り、コステロがゲスト出演しました。録音された感じのインタビューと、コステロのお父さんの"Patsy Girl"(? すみません、コステロのお父さんのこと、全然知りません)が流れます。ディランと共演して1曲歌うとか、そういうことではないので。ちなみに今日の番組のテーマは「father」。

イリーガルな音源も出回るとは思いますが、正攻法で聴きたい人は再放送で聞くべし。初めて聴く人のために3日間のお試し期間がありますので、再放送の時間に合わせて上手い具合に登録してみてくださいまし。時差は、あっちが水曜10:00のとき、こっちが水曜23:00。再放送の時間は各自計算してください。

あああ、まったくもう。先々週ちょこっと書いたけど、同じタイミングでNHK-BS2にもコステロが登場していて、14日の23:50台はてんやわんやでしたよ。なんで被るかなー。
posted by hitomi at 23:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 聴いた、見た、買った | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

Ron Sexsmith 『Time Being』

タイム・ビーイングコステロ&トゥーサンがプロモーション活動に精を出しているとき、スティーヴ・ナイーヴが日本で温泉巡りをしていたことは分かった。ではピート・トーマスとデイヴィー・ファラガーはいったい何をしていたのか? うーん、何をしていたんでしょう。少し前にロン・セクスミスの新譜に参加していたのは確かなんですけどね。

ピートとデイヴィーは、先月発売されたロン・セクスミスの新譜『Time Being』日本盤は6/14発売)に参加している。ギタリストとしてヴァレンタイン・マッカラムも参加。このブログ的には「インポスターズのふたりがいる」と言ったほうがいいのかもしれないけれど、個人的にはジャックシットが参加していると言っておきたいところ。プロデューサーは、ジャックシットの入団規定にひっかかって入れてもらえなかったミッチェル・フルーム。

ミッチェルがロンをプロデュースするのは何年ぶりだろう。なんとなく幻想的、でも芯にあるたくましさがブレない音。外に出るための化粧をしているのに、逆にミュージシャンの素顔が鮮明に浮かんでくる感触。改めてロンとミッチェルって相性いいよなあ、と思う。気心の知れたピートたちの参加も、このアルバムのムード作りに一役かっている感じ。みんながみんな分かり合えている雰囲気が、音と音の間から伝わってくる。

小ネタ:ブックレットに、スペシャルサンクスとしてコステロの名前が書いてあった。
posted by hitomi at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 関連ミュージシャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

名盤もう1枚

Costello and Toussaint各国盤をすべて手に入れたいとか、全フォーマット制覇したいとか、コステロのものなら髪の毛でも欲しいとか、そういったコレクター気質は薄いんですよねー。身の丈に合わないことは分かっているしー。

ただ、どーしても抜けないのが長年育んできたヲタク気質なのであります。CDだろうがフィギュアだろうが、特に気に入ったものは「使う用」と「保存用」が揃ってようやく気持ちが落ち着くという、悲しい習性が。気持ち悪い? ま、他人に気持ち悪がられたところで、そんなこと気にしないのもヲタクなんですけどね。米iTMS盤を買わないのにCDは買うってのもヘンな話かもしれませんが、それはモノとしての魅力によるところです。ええ、それもまたヲタク的な視点かもしれませんが。

というわけで、普段使い用としてEU盤(DVDナシ)を購入。これでコステロ&トゥーサンのサインを気にしながらブックレットをめくる辛い日々が終わる。気持ちが楽になったし、売り上げにも貢献したワケだし、いいこと尽くめじゃない。ヲタクバンザイ!

今度はグラミーを受賞したときにでも、ご祝儀代わりにもう1枚買っちゃいそうだなあ。あ、グラミー受賞ってのは私の勝手な妄想ですが。するでしょ、きっと。
posted by hitomi at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴いた、見た、買った | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

ドイツの人はいいなあ

アメリカのiTMSで『River in Reverse』が買えるようになったよ、とのメールあり。

Download version includes the bonus track "Where is the Love" and an interactive digital booklet.

嬉々としてアクセスしたものの、アルバム丸ごと買わないとこの曲は付いてこないらしい。うーん、シングルや『Clarksdale Sessions』的なブツのリリースを期待しつつ、いまは待とう。アナログ注文しちゃってるし。EU盤かUS盤のCDを買おうとも思っているし。iTMSのプリペイドカードみたいなヤツの残金少ないし(いま5ドルしかない)。

ドイツのiTMSなら、このボーナストラック1曲だけ買えるのになあ。ちぇっ。

追記(2006/06/11):
ayakoさん、トラックバックありがとうございます。"Where Is the Love"は、どうやらドイツ以外のiTMSでも買えるようです。それでもやっぱり日本じゃ買えないのね。しょんぼり。
posted by hitomi at 00:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Archives
Categories
Recent Comments
bounce bookの新刊 by ルイヴィトン 財布 (08/14)
ちょっと前の写真だけれど by モ バ ゲー (01/19)
ちょっと前の写真だけれど by 童貞 (01/07)
ちょっと前の写真だけれど by モバゲー (12/30)
ちょっと前の写真だけれど by 適正年収 (09/17)
ちょっと前の写真だけれど by 不倫 (07/28)
ちょっと前の写真だけれど by 処女 (06/30)
ちょっと前の写真だけれど by メール友達 (04/30)
ちょっと前の写真だけれど by 出会いがない (04/05)
ちょっと前の写真だけれど by �E�b�E�b�E�}�E�}�i�����j (08/11)
Recent TrackBacks
Search
 
About This Blog
QRコード個人的な思い出話や感想がメインの、エルヴィス・コステロに関するブログです。2004年12月に東京、福岡、名古屋の来日公演(&東京、大阪のスティーヴ・ナイーヴのソロ公演)をはしごしたとき、携帯電話で読み書きできる日記を書いたところ、思いのほか反響をいただいたので「場所を移動して継続してみよう」と思って始めました。来日公演前後はなるべく積極的に、そうでないときはマイペースにのんびり書いていこうと思います。

携帯電話での閲覧・コメントの投稿も可能です。http://hitomis.seesaa.net/に携帯電話でアクセスするか、右上のQRコードを御利用ください。
About Me
1974年 長野県長野市で生まれる。
1992年 中古で『King of America』を買うが、音楽経験値が浅くのめりこめず。
1995年 バーズやモンキーズ、ラヴィン・スプーンフルに夢中。
1996年 アメリカンルーツ系音楽と出会う。
1997年 コステロの1stに気になる曲名を発見。心の底から感心する。
1998年 バカラックの新譜を買ったら、横にコステロがいた。
1999年 バカラックとのアルバムに大感動し、渋谷のライブへ。
2000年 暇さえあればレコ屋へ。コステロ探しの旅に出る。
2002年 東京公演で、コステロはもちろんインポスターズにメロメロ。
2003年 フジロックでコステロファンと運命の出会い。
2004年 追っかけツアー敢行。詳細はこちら

ほかにはこんなことをやっています。
almost ideal eyes インデックス的なページ
sunnyside コステロ以外の私の日常

e-mail: 1103@tko.club.ne.jp
almost ideal eyes Elvis Costello 追っかけ旅行記 2004

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。