2009年08月12日

ちょっと前の写真だけれど

20090812.jpg

コステロの下の下に、イマっぽい名前を見つけたので貼っておく。
 
 
 
 
posted by hitomi at 23:06| Comment(9) | TrackBack(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

二世×2 誕生

ヨメさんが無事双子くんを出産したそうだ。

Statement from Diana Krall and Elvis Costello (shorefire.com)
COSTELLO AND KRALL WELCOME TWINS (contactmusic.com)
Twins for Elvis Costello & Diana Krall (forbes.com)

私の予想はハズレて二児ともに男子とのこと。他人事ながらも同じ女性として、コステロのヨメさんの体のことは心配していたので、なんだかホッとしてしまった。よかったよかった。

どうでもいいことだが、デクスターという名前のメガネくん(いや、メガネと決まった訳ではないが)って言ったらこの子だよな、と思ってしまった。
posted by hitomi at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

今週のスティーヴ

行きたかったな。ルール・トリエンナーレ。(→写真
posted by hitomi at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

二世誕生!?

ここから来たメールを読んでビックリ。ちょっと奥さん! コステロさんのお宅、お子さんが生まれるらしいわよ! さっそくayakoさんに言わなくちゃー、と井戸端会議好きなオバチャン根性を発揮してみたら、とっくに書いてあるし。さすが。

これで私の野望(ダイアナ出産→コステロ我が子にメロメロ→勢いでChildren's Songsアルバム製作)に、また一歩近づいたってもんです。いいぞいいぞ。ふっふっふ。

しかし、ひとつ心残りなことが。コステロが来日したとき、首に縄つけてでも『笑っていいとも!』に出演させるべきだったのでは? いまからでも遅くない。12月までにもう一度来日して、タモさんに安産祈願をしてもらうのだ! ついでにインポスターズとクレッセント・シティ・ホーンズ、アンソニー・ブラウンとアラン・トゥーサンも連れてきてライブをするのだ! って、どっちが「ついで」なんだか。

冗談はさておき。お二人さんおめでとう。ダイアナさん、お大事にどうぞ。極東の地から安産を祈っておりますぞ。
posted by hitomi at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

私の小さな夢

うひゃー! 先日この記事で書いた私の小さな夢が叶ってしまったようです! たつさん情報ありがとうっ!

■ 中島美嘉 & E.Costello & A.Toussaint "NEW ORLEANS advocacy"タワエコブログ

どうしよう。メチャメチャ興奮しています。むかしコステロが『AERA』の表紙になるという夢を見たあと、本当に『AERA English』の表紙になっちゃったときくらい興奮。「お前の見る夢、小せぇな!」「地味なんだよ!」というツッコミが聞えてきそうですけどね。うるさいうるさい! 小さくても地味でも私の夢なんじゃ!
posted by hitomi at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

グラミー賞授賞式でパフォーマンス!?

grammyNew Orleans Tribute Set For 48th Annual GRAMMY AwardsGRAMMY.comより)

あらやだ。クラールさんとこの旦那さん、日本でもグラミーが生中継されることご存知ないのかしら?

ふん。嫌味のひとつくらい書いたっていいじゃない。こっちはこの記事読んでヒステリー起こしかけているんだから。そこを無理矢理「いや〜、コステロ兄さんのニューオリンズに対する深甚な敬意! さすがですね〜!」とかなんとか自分に言い聞かせているんだから。

うえーん。いま向かうべきはLAじゃなくて日本のはずだったのにー。
posted by hitomi at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

迷惑な洋服

先日、この写真が載っている古い記事を見て
Attractions
スティーヴの胸にある数字が気になった。
「写真、反転してないか?」と。

しかし真相は、反転しているのは写真ではなく、
スティーヴの胸の数字自体が反転していたのだった。
Attractions

「私だったら、きっと間違えて"47がちゃんと読めるように"
入稿しちゃいそうだな、恐い恐い」なんて思っていたのですが。

どうやらスペイン盤のデザイナーさんも
私と同じ考えだったようです。
Attractions

洋服の右前、左前でも判断できるけどさー、文字らしきものがあればそっちに合わせたくなるよ、普通! こんな迷惑な洋服、見たことがないよ!

と、スペイン盤で間違えちゃった人に妙な親近感を抱いていたら、コステロのジャケ写のアタリを取る夢を見た。図版を縮小コピーし、スプレーのりをかけて、指定紙にペタッ。写真が反転せぬよう細心の注意を払いつつ、延々とこの作業を繰り返す夢だ。どーせ夢なんだから最前列でライブを見るくらいの派手な夢を見たいものだ。ま、こういう地味なことを真剣に考えているからいけないんだろうけど。
posted by hitomi at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

バス男

http://www.foxjapan.com/dvd-video/cgibin/UserSearch/foxhe_search.cgi?page=detail&jan=4988142186485

原題『Napoleon Dynamite』。
タイトルに惹かれて楽しみにしていたんですけど。
こんな邦題になっちゃうとは。とほほ。
posted by hitomi at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

The World Through My Window

The World Through My Window

レイ・デイヴィスのドキュメンタリーにコステロも出ているらしい。

コステロ、他のミュージシャンのドキュメンタリーに出すぎな気がする。ブライアン・ウィルソンの『SMiLE』やダン・ヒックスの『フィーチャリング・オールスター・キャスト・オブ・フレンズ 』にも出ていたなあ。他にもあったかもしれないけれど。

コステロを見られる機会が増えるのは確かに嬉しいよ。でも追いかけきれな〜い。困ったものだ。
posted by hitomi at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
almost ideal eyes Elvis Costello 追っかけ旅行記 2004

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。