2006年06月11日

Ron Sexsmith 『Time Being』

タイム・ビーイングコステロ&トゥーサンがプロモーション活動に精を出しているとき、スティーヴ・ナイーヴが日本で温泉巡りをしていたことは分かった。ではピート・トーマスとデイヴィー・ファラガーはいったい何をしていたのか? うーん、何をしていたんでしょう。少し前にロン・セクスミスの新譜に参加していたのは確かなんですけどね。

ピートとデイヴィーは、先月発売されたロン・セクスミスの新譜『Time Being』日本盤は6/14発売)に参加している。ギタリストとしてヴァレンタイン・マッカラムも参加。このブログ的には「インポスターズのふたりがいる」と言ったほうがいいのかもしれないけれど、個人的にはジャックシットが参加していると言っておきたいところ。プロデューサーは、ジャックシットの入団規定にひっかかって入れてもらえなかったミッチェル・フルーム。

ミッチェルがロンをプロデュースするのは何年ぶりだろう。なんとなく幻想的、でも芯にあるたくましさがブレない音。外に出るための化粧をしているのに、逆にミュージシャンの素顔が鮮明に浮かんでくる感触。改めてロンとミッチェルって相性いいよなあ、と思う。気心の知れたピートたちの参加も、このアルバムのムード作りに一役かっている感じ。みんながみんな分かり合えている雰囲気が、音と音の間から伝わってくる。

小ネタ:ブックレットに、スペシャルサンクスとしてコステロの名前が書いてあった。
posted by hitomi at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 関連ミュージシャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

www.stevenieve.com

Steve Nieve5月中旬にリニューアルされたスティーヴ・ナイーヴのオフィシャルサイト。本日確認してみたところ、「beta test #1」が「beta test #2」にバージョンアップしていて、コステロとのツアーの合間に訪れた土地の写真をたくさん公開中。わわわ、日本の写真もいっぱいあるぞ。どうやらコステロがトゥーサンとプロモーション活動をしていた頃、スティーヴは伊豆(堂ヶ島&修善寺)でオフを満喫していたようだ。スティーヴさんは温泉が好きだねぇ。あの坊主頭と修善寺の景色が恐いくらいにマッチしていて、惚れ惚れします。「News」にはグレン・ティルブルックとの仕事の話や、ソロ公演の話もあってワクワクしちゃいますよ。

最近のスティーヴのサイトは、コンテンツや記事が追加されるのではなく総取っ替えするような豪快な更新をするので要注意なのだ。数時間前に書いてあったテキスト、もう無くなっちゃってるしさ。スキンヘッドにした理由や日本の結婚式を見たときのエピソード、温泉の話や"Green Shirt"のアレンジに関する話もあったのに...。もう一度じっくり読みたいよ〜! 再アップ熱望ッ!

それにしても気になるのは、スティーヴのサイトにキチンとした日本語の文章の記事がある(注:なぜこれほどちゃんとした日本語か、という理由もさっきまでは書いてあったのに、いまは消えている)ということだ。つまり「スティーヴのパソコンには日本語フォントが入っている」ということなのだろうか? うーん、意味は伝わらないとしても、日本語であることに寄りかかって好き放題書くべきではないのかも。こ、困った。急にドキドキしてきたぞ。
posted by hitomi at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 関連ミュージシャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

Elvis Costello & The Attractions 作品史 ※不完全版

EC and The Attractions TIMELINEふと思い立ち、勢いでこんなものを作ってみた。ヒマなのか、私は?

元々自分の頭の中を整理するつもりで作ったこの年表。あまり深く考えず、手持ちのレコードを中心に埋めていったため、かなり甘い出来になっている。なんか結局スカスカだし。うえーん。

2003年ロックの殿堂で締めたのは、なんとなくキリが良いと思ったのと私がブルースのことを知らなすぎるせい。だいぶコマが空いちゃっていてゴメンよ、ブルース。

間違いに対する指摘、空いているコマを埋める情報、大歓迎です。無知な私にどうかお教えくださいませ。HTMLの限界があるので(く〜!誰か紙で作ってくれい!)、すべての情報を反映することは不可能かもしれませんが。なにとぞ。
posted by hitomi at 01:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 関連ミュージシャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

ザ・ライク、苗場に参上?

金曜の夜、吉祥寺でayakoさんと飲みながら音楽談義。今年のフジロックの出演者をあれこれ妄想する。「ピートの娘がドラムやってるザ・ライク、いいんじゃない?」「いいねぇ。パパよりも来る確立高いかもしれないね」なんて話をしていたら...。fujirockers.orgのヒントに、ザ・ライクらしき名前が!

●フジロック第二弾アーティスト発表!『仮想対談・富士六先生とorzの番記者』
●The Like デビュー(ayakoさんの記事)
posted by hitomi at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連ミュージシャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

Perils of Plastic

もし現代ロック史のテストなんてものがあって「エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズとデフ・スクールの関係を60文字以内で述べよ」という問題が出たら、なんと答えるか。

 デフ・スクールのクライヴ・ランガーは『パンチ・ザ・クロック』
 と『グッバイ・クルエル・ワールド』をプロデュースしている。


きっとこれが模範回答だろうけど、

 アトラクションズのスティーヴ・ナイーヴとデフ・スクールのステ
 ィーヴ・アレンはユニットを結成してレコードデビューしている。


これでも点数はもらえますよね? ね?

果たして、「ああそんなのもあったね」と思ってくれる人はいるのでしょうか? コステロファンなら当り前のように知っていることなのでしょうか? 私は完全な後追いで、1980年代半ばと言ったら最新の洋楽に興味のない小学生だったので、当時どれほど知名度があったグループなのかまったく分かりません。そもそもPerils of Plasticを初めて意識したきっかけは、コステロでもデフ・スクールでもなく、リキテンシュタインだったのだ。ってくらい、音楽と関係なく出会ったのだ。

私は根っからのオタク気質なので、周りのコステロファンに尋ねもせずに、ちまちまとレコードを集めては満足していたのです。が、そろそろ限界を感じつつある今日この頃。親切なマニアの方がいらっしゃったら教えて欲しいです(はあと)。

 Q1. シングルはYZ60、YZ80、YZ153以外にもありますか?
 Q2. アルバムは出していないのですか?
 Q3. プロモーションビデオは"Ring A Ding Ding"1本だけですか?
 Q4. 1980年代に日本で紹介されていましたか?
 Q5. UK盤以外のリリースはありましたか?

シングルは12インチ、7インチ、ピクチャーディスクとあれこれ集まってきているものの、まだまだコツコツ収集中。ひと通り揃ったら画像とか載せます。

"Ring A Ding Ding"のPVは持っています。
これですよね?
Ring A Ding Ding
20代半ばのスティーヴ・ナイーヴさん、頑張ってます。いま見返すと「わー、ひと昔前のPVって感じだなー」という印象を受けるものの、それほど安っぽさは感じない。スティーヴの口パク、ダンス、オーバーアクション。なんだかとってもアイドルっぽく、ついつい見入ってしまう。これ、日本でもオンエアされていたのかなあ。知りたい。
posted by hitomi at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連ミュージシャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

初キッス

Peter Criss『When I Was Cruel』がリリースされる前から、ファラガー・ブラザーズが好きだった。「ブルースのベースが聴きたい」という意見もあって当然だと思うが、少なくとも私は「ファラガー兄弟のひとりを引っ張ってくるなんて、コステロ偉い!」と興奮したのでした。

で、キッスの人のアルバム『Peter Criss』です。私はキッスのことをまったく知らない。どのくらい知らないかと言うと、代表曲が分からない、メンバーを識別できない、キヤノンのCMしか思いつかない。そのくらい知らない。しかし、どうやらこのアルバムにはデイヴィーを含むファラガー兄弟がバックコーラスで参加しているらしいのだ。しかもヴィニ・ポンシア(a.k.a.アンダース&ポンシア)も参加しているらしく...。ううう、amazonで注文したよ。朝霧の準備でかなり貧乏だけど、買うよ。

もしこれがガセネタだったら、どーしよー。少し落ち込むかもしれないぞ。
posted by hitomi at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連ミュージシャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
almost ideal eyes Elvis Costello 追っかけ旅行記 2004

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。