2006年02月16日

にくめないのがニクイのサ

来日延期が決定し、チケットの払戻金をあてにして叙々苑で焼肉を食いまくり(ヤケ食い)、残念会でファンの皆さんに遊んでもらい(ヤケ酒)、さらにバカネタ書きまくってだいぶ気が紛れた。叙々苑のハープ生演奏で"Smile"聴かされたときは、ちょっとヘコんだけど。必死になって「SmileはSmileでも、ECはECでも、これはコステロじゃなくてクラプトンのSmileだ!」と自分に言い聞かせて乗り切ったよ。く〜、我ながら涙ぐましいぜ、この努力。コステロに教えてやりたいっつーの!

ここ数週間、仕事も手につかないほど落ち込んでいたかというと、実はそうでもなかった。仕事は仕事で忙しかったため、日中はさほど気にせずに過ごせた。が、仕事から解放され眠りにつくと、ジュネーブまで追っかけする夢を見たり(コステロ登場直前に、職場と家族に何も告げずに遠征したことに気づき飛び起きた。夢でも会えないのかよ!)、レコ屋のサイトでインストアイベントの告知を見て「わーい! ライブは延期でもプロモーションで来日するんだ!」とワクワクする地味な夢を見たり。リアルワールドでは、微熱が出たり、謎の腹痛&下痢に悩まされたり。精神的にも肉体的にも、ここまで参ってしまうとは参ったね。罪な男だぜ、コステロ。

さあさあ、振替公演は今年6月。中止じゃないだけヨシとして、楽しみにすることにしよう。東京国際フォーラムAは相当広いはずだが、アラン・トゥーサンとの新譜次第でどーにでもなるだろう。その辺はコステロさんに任せた! 新譜が評価されて、来年のグラミーでヨメ(の去年出たクリスマスアルバム)といっしょに受賞できれば、きっとコステロにとってはハッピーかもね。って、もしやそれ狙いでいま頑張ってるのかしら。そして、いまだにグラミーネタを引っ張る私は意地悪かしら。

とにかく、この記事をもって「2006年2月来日公演」のカテゴリーは打ち止め! 今後はこれまで通り小ネタでも書いていきます!
posted by hitomi at 00:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 2006年2月来日公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

エルヴィス・コステロ来日延期残念会@新宿

2月11日。新宿のカラオケボックスにて来日延期残念会。私はこのイベントに、コステロを悪者扱いするようなひどいタイトルをつけたのだが、あれギャグなんで。本気にしないでね。初めてお会いした人もそうでない人も「コステロが好きっ!」という共通点だけで話ははずみっぱなし。グラミー賞授賞式にツッコミ、来日公演の宣伝にツッコミ、コステロの服装にツッコミ...楽しかった! コステロをいじり倒して発散したあと、みんなで"Alison"と"Veronica"を歌って一次会終了。なんだかんだ言っても、みんなコステロが好きなのよ。6月はちゃんと来てくれよな。幹事のayakoさん、お疲れ様でした。参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

2月12日。始発が動き出すまで二次会。帰宅後、起きるまで寝ようと決めて朝7時に布団にもぐり込んだが、昼には目が覚めてしまう。昼ごはんを食べながら「さ〜、今日はコステロ最終日! 17:00に三茶だ!」と、自虐的な冗談を言ったら、ついにおかしくなってしまったのではないか、と家族に心配される。自分で言い出したクセに、むなしくなる。いいかげん気持ちを切り替えねば。
posted by hitomi at 23:11| Comment(7) | TrackBack(0) | 2006年2月来日公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

【急告】残念会のお知らせ

延期が決まってガッカリしているファンのみなさまへ。
コステロを酒の肴にコステロ飲み会やりますので、よろしければご一緒しましょう。

日時:2月11日(土) 夕方〜
場所:都内某所(未定)
内容:飲み会 ※注:コステロは来ません

参加ご希望の方は、2月9日(木)朝8:00までにayakoさん宛にメールをお送りください。ayakoさんのメールアドレスはこちらの記事にてご確認を。
posted by hitomi at 01:01| 2006年2月来日公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

2月の来日公演 コステロサイドの言い分?

Pump It Up2月3日。コステロファン仲間の51さんに誘っていただきハッチさんのライブへ。最高の音と最高のバカバカしさにハマる。終演後、51さんのお友達のTotさんと『ノー・ディレクション・ホーム』(に出てくる若い頃のマリア・マルダー)やMFQの話題で盛り上がり、初対面のお客さんとデキシー話で盛り上がり、ハッチさんからボブログにまつわるチョットいい話を聞いたり。久しぶりにコステロのことを忘れて笑い、今日という日を楽しんだのだった。

さてそろそろお開きか、と、携帯電話の電源を入れたところayakoさんから連絡アリ。これから帰ろうとしている旨を電話で伝えると、k_turnerさんのサイトに書かれた新情報は読んだか、とayakoさん。

[Elvis Costello] 来日延期当確?

ライブ観ながら飲んだくれていた私には、ネット上での出来事などサッパリ分からない。とにかくayakoさんから話を聞きたくなり、急遽予定変更。隣り駅でayakoさんと落ち合うことにする。二人で沖縄料理屋へ行き、ayakoさんからk_turnerさんの記事の概要を聞く。悔しいやら情けないやら。日本以外のアジア公演が決まらなかったから? 6月にレコーディング? そんなのザックにしてみれば「それがどーした?」である。私にしてみても「だからどーした!」である。

泡盛をあおっているうちに終電の時間。しかし、それだけでは気が治まらずロックバーへ河岸を変える。何時間も二人で話しこんだら、だいぶ気分も落ち着いてきた。始発も動き始める時間だ。と、マスターが気を利かせてくれて2ndアルバムのA面をかけてくれた。まだコステロの曲を楽しむ心境にはなれなかったが、"Pump It Up"が流れた瞬間「もし、いまのコステロがあのダンスをしたら足首捻挫するね」という話に。あの体であのダンスをするコステロを想像し、二人とも笑いが止まらなくなる。

もしこれで「足首捻挫のため来日延期」なんて発表がされた日には、悲しむ前に大爆笑だな、こりゃ。
posted by hitomi at 14:09| Comment(7) | TrackBack(2) | 2006年2月来日公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

2月の来日公演 このタイミングで更なる告知が

今春はベテランアーティストの来日公演が目白押しBARKS

1月31日の記事だ。コステロの名前を避けても成立しそうな記事なのに、それでもコステロの名前が載っている。うーん。開催が確定したのか、延期・中止が決まらないから載っているのか。BARKSは突っ込んだ取材をしたのか、それとも元々のプレスリリースを引用しただけなのか。分からない。

私はもう、最悪当日まで待つ覚悟が決まったので、これ以上の深読みとツッコミはナシにするが。とりあえずこんな記事もあるみたい、ってことで。
posted by hitomi at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年2月来日公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

公演キャンセル疑惑に関する電話取材

またもやk_turnerさんがその男前っぷりを発揮してくれました。
[Elvis Costello] 来日公演に関する情報について

話し合えないから決まらない、決まらないから発表できない。それが分かっただけでも、だいぶ気分が落ち着いてきた。もう「首に縄かけてでも連れて来い!」とは言わない。ファンにとってのリスクは大きいけれど、可能な限りキチンと話し合って欲しい。願わくは、コステロ自身にとって納得のいく状況で来日せんことを。

★ジョークで悲しみをぶっとばしたい方はこちら
来日キャンセルの原因たつさん
posted by hitomi at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年2月来日公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

2月の来日公演キャンセル?

ayakoさんといっしょにボブ・ディランの映画を観たあと、ディランについてあーだこーだと語りつつ酒を飲んでいたらたつさんから情報が飛び込んできた。前々から某所で噂にはなっていたが、情報源があまりにも曖昧なためどーしても信じられずにスルーしていた話題。

[Elvis Costello] 来日直前(?)緊急情報 (k_turnerさん

現時点で招聘元のザックコーポレーションからの公式発表はない。が、少なくとも会場のキャンセルだけは確定しているようだ。とてもじゃないけど「会場だけが変更になったのかも!」なんてポジティブシンキングなどできません。ショックを通り越してどう悲しんでいいかすら分からない。ああ、わずかでもいい。希望の光をくれ。

いずれにせよ、招聘元やプレイガイドから公式発表がないことには身動きが取れない。ザックコーポレーションは土日はお休み。ってことは、対応は早くても月曜日以降? もどかしいがいまは待つしかないか...。あーあ、ライブ当日はシッカリ休めるようにと、今月は平日だろうが土日だろうが関係なく働いていた自分は一体なんだったのだ? 「おいおいザックさん、休んでいる場合かよ!」とツッコミのひとつも入れたくなってくる(以上、ささやかな愚痴でした)。

今回は「日本では東京2日のみとなるプレミアムコンサート」と銘打たれていただけに、他都市から遠征する予定のファンも少なくはないはず。交通機関や宿などを予約している方は特にザックコーポレーションのサイトをこまめにチェックすることをお薦めします。最悪、交通機関&宿のキャンセルができなかった方がいる場合は...。きっと東京のどこかで飲み会(残念会)っぽいことをしますので、新幹線のチケット&ホテルのクーポンは破り捨てぬよう...。

余談:ayakoさんと私は、誰に向かって言うでもなく「ユダ!」と叫んで帰路に着きましたとさ。って、まさかこんなオチがつくとは...(涙)。
posted by hitomi at 04:10| Comment(3) | TrackBack(1) | 2006年2月来日公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

ELVIS COSTELLO特集 Vol.1 & 2

仕事のあと猛ダッシュで帰宅。テレビにかじりついてELVIS COSTELLO特集Vol.1Vol.2を鑑賞した。

さすがにこう何度も観ていると感想もネタ切れ気味だが。PVでのコステロは、口パクやアテフリするよりも小芝居しているほうが絵的に映えるような気がした。楽器持ったり口パクしている姿を、ついライブの姿と比べちゃうからかもしれないけれど。"45"が時計バージョンだったのは少し意外だった。それにしてもこのときのコステロ、まん丸だなあ。後姿が何かに似ていると思ったら、あれだよ。『バットマン』のペンギンだよ。あとは"Watching The Detectives"のPVを久しぶりに観て、新たな物欲が芽生えてしまった。『ちびっこギャング』、DVDになってたりするのかしらん。アルファルファかわいいよアルファルファ。

2時間放送でたったの2回は少ない気もするが、来日公演のCMも流れた。ふむ。チケットは1月29日20:00まで予約受付中だそうで、特に変更はないようだ(詳細はMusic ON!のページに)。しかし、告知されているPコードにどうも違和感が...。念の為メモっておいた6ケタの数字をググったら、あ、あ、アース・ウインド&ファイアーのPコードと被っているみたいなんですけど。大丈夫なのだろうか。

★追記[2006/01/21]
Pコードの件がどーしても気になって、番組内で告知していた電話番号(ぴあ)にかけてみた。番組内およびウェブサイトで告知されているPコード(214-354)を入力したところ、「現在該当する公演はございません」という自動音声アナウンスが...。再度電話をし、試しにPコード「209-941」を入力したら、すんなりと公演名の確認、公演日の入力、電話番号の入力まで辿りつけた(これ以上進むのはやめたので、本当に買えるかは不明。実際買おうとしている方、結果を教えてください)。この件については、一応M-ONに確認のメールを送ってみたけれど、返事来るかなあ。

★追記[2006/01/24]
23日、M-ONより返事アリ。上記の件が解決するまでは、やや時間がかかりそうだ。どうしてもチケットを買いたくて、特別予約の不具合の解決を待てない人は、ザックコーポレーションに連絡を。
posted by hitomi at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年2月来日公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

in Focus International ELVIS COSTELLO特集 Vol.2

オンエア前だけど、放送される曲が分かったのでメモ。

01. (What's So Funny 'Bout) Peace, Love And Understanding
02. Oliver's Army
03. Watching The Detectives
04. (I Don't Want To Go To) Chelsea
05. Accidents Will Happen
06. Pump It Up
07. I Can't Stand Up For Falling Down
08. Radio Radio
09. Clubland
10. Good Year For The Roses
11. The Only Flame In Town
12. Possession
13. Let Them All Talk
14. Love For Tender
15. 45

Vol.2もこれといって目新しいクリップはなさそう。せっかくだから"Monkey to Man"や"Still"あたりも流して欲しい気もするけれど、来日前に2時間の特番が組まれたことに意義があるってことで。よしとしましょう。

今回の特集で放送された映像のほとんどが、昨日発売のDVD『ヴェリー・ベスト・オブ・エルヴィス・コステロ』に収録されている。そこから漏れているクリップは以下の通り(で合ってるかしら?)。

 She
 Green Shirts →LDのPV集に収録
 Jacksons, Monk And Rowe →ごく一部『ヒストリー・オブ・ロックンロール』に収録
 Watching The Detectives →LDのPV集に収録
 45 →オフィシャルサイトで公開されていたが、いまは見られない?

"Jacksons, Monk And Rowe"と"45"のダイナー編は、以前テレビ放送を録画した。"45"の時計編はSunday Timesのプロモ盤で見られるし、LDの映像も持っているのでよし。

あれ? テレビではよく見かけたけれど、"She"のクリップだけは手元にないかも。あえて録画をした覚えもないし。これって商品化されてないのかな? うーん。なんだか急にレア映像に思えてきちゃったよ。珍しい映像がなければパスするつもりだったが、やはり明日は再放送に間に合うように帰ろっと。
posted by hitomi at 22:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年2月来日公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

in Focus International ELVIS COSTELLO特集 Vol.1

来月のライブを後援するMUSIC ON! TVにて放送。再放送は1月20日(金)20:00〜21:00。

01. I Wanna Be Loved
02. Everyday I Write The Book
03. The Other Side Of Summer
04. So Like Candy
05. Veronica
06. She
07. Green Shirt
08. High Fidelity
09. New Lace Sleeves
10. New Amsterdam
11. Jacksons, Monk And Rowe
12. Sweet Dreams
13. You Little Fool
14. This Town

すべてプロモーションビデオ。ま、in Focus自体PVを流す番組なので、当然と言えば当然か。

今月18日発売のPV&レア映像集『ヴェリー・ベスト・オブ・エルヴィス・コステロ』に収録される映像と被りつつも、そうではないPVもあり。また、CMでは来日公演のチケット予約情報(ぴあ、ザックコーポレーションの特電?)が流れていた。スポンサー持ち分だし、そこそこ良い席があるんだろうなあ。ちぇっ、チケットなんてもうとっくに買っちゃったよ。

チケットの件もそうだが、『Right Spectacle: The Very Best of ElvisCostello』購入済の上に、未見の映像も特になく。が、しかし! やっぱり! 見慣れたPVだろうがなんだろうが、テレビ放送でコステロの姿を見るのはウレシイわ〜。ほとんどジュリア・ロバーツしか映ってないけれど"She"のPV見るなんて久しぶりだし。"Green Shirt"をテレビで見たのは、もしかすると初めてかもしれない。うーん、多分LDでしか見たことないぞ。"You Little Fool"のPVは、ペプシやコカコーラの看板にモザイクかかっていなかった(米盤DVDでは、文字が見えないようにモザイクがかかっているのだ)。

というわけで、なんだかんだ言っている割には充分楽しんじゃった。M-ON TVありがとう! 再来週のVol.2も楽しみにしてるよ!
posted by hitomi at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年2月来日公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

My Flame Burns Blueはヨーロッパ先行発売?

1月13日の日本先行発売を信じきっていたのだが、
いまHMVのサイトを見たら、EU盤が12月25日発売となっていた。

Live With The Mtropole Orkest: My Flame Burns Blue
 キャンペーン税込価格: ¥2,259
 ジャンル: ロック
 フォーマット: CD
 組み枚数: 2
 発売日: 2005年12月25日
 カタログNo: 4775961
 レーベル: DG MOZART JUBILEE
 発売国: Europe
 その他: ライブ盤
 http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1423005

えー、そうなの? 日本盤を買うつもりだったんだけどなあ。
posted by hitomi at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年2月来日公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

North Sea Jazz Festival音源

2004年7月のライブ音源が来年1月にリリース予定とのこと。
時期的にも内容的にも、来日公演前にぴったりなのではないかと。
非常に楽しみです。

ドイツ・グラモフォン(輸入盤)、来年前半リリ−ス予定アイテム(WEBぶらあぼ)
グラモフォンのアーティストページ

追記 (2005/11/04):
ザックコーポレーションの情報によると、
日本先行発売を予定しているそうです。

さらに追記 (2005/11/06):
ザックコーポレーションのサイトにて詳細発表。
http://www.zak-tokyo.co.jp/artest/2005/costello/album.html

またまた追記(2005/11/24):
EU盤は12月25日発売との情報あり。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1423005
posted by hitomi at 20:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年2月来日公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

メガネ男子枠

メガネ男子来日公演の宣伝のみならず、最近J-WAVEでコステロの曲をよく耳にする。来年のライブに向けて、コステロ曲のリクエストが採用されやすくなってきてるのか? それともDJがわざと流してくれているのか?

今日はお昼の番組で"Alison"が流れた。しかも、その番組のトークのテーマは『メガネ男子』。ぷぷぷ。コステロ、くるりやWeezerに混じっちゃってるよ。キリンジやジョン・レノンの曲もリクエストがあったそうだが、そちらは取り上げられずAlisonですよ。

もうあれだ。メガネ男子萌えの女子は全員2月にライブに集合ってことだ。ライブ当日「"男子"じゃないじゃんっ!」って苦情が出ても、私には責任取れませんが。
posted by hitomi at 22:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006年2月来日公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主催はJ-WAVE

先月半ばから来日公演の宣伝をJ-WAVEで耳にするようになった。"She"と"Veronica"が使われていて、案内されているのはザックコーポレーションの電話番号。今週末には一般発売が始まっちゃうし、J-WAVEではチケット先行販売はないのかもしれない。一応J-WAVE TICKET OBLINEはチェックしていたのだけれど。ま、チケットの販売がなくても2002年のときのようなインタビューがあるかもしれないから、とりあえず今後もチェックチェック。
posted by hitomi at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年2月来日公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

チケット確保

手元に2月11・12日ぶんのチケットが揃った。失神しそうなほど前の席、ではないけれど、私にとってはじゅうぶんな席。最前列付近も楽しいけれど、落ち着いて全体を見渡せる席も好きよ。初めてコステロのライブに行ったとき、私の席は2階の後方だった。それでも心を動かされまくったのだから、実は席なんてどこでもいいのかも。

正攻法で前方の席が取れた人、おめでとう。近くで見られることより、熱心なファンが集まりそうで羨ましいですよ。

ついそう思ってしまうのは、むかしライブで東京ドームのほぼ最後列になって悲惨なめにあったから。音の環境を差し引いても最悪だったんだ。私の周りのお客さんといったら、酔いつぶれて寝ているサラリーマン、いちゃつくカップル、おしゃべりをやめない女の子二人組...。何をしに来ているのか理解不能な人たちだらけ。こんな人間は『プロ野球 珍プレー好プレー』の中にしかいないと思っていたのに...。このときほど熱心なファンが集まっているアリーナを羨んだことはないよ。

...という感じで、ここでは割とどーでもいーことを書いてゆきます。重要な来日関連情報は、以下のURLへ。公演が終わるまで、なるべく情報をひろってまとめるつもりです。

almost ideal eyes
http://www.bongo.ne.jp/~sunny/ElvisCostello/index.html
posted by hitomi at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年2月来日公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
almost ideal eyes Elvis Costello 追っかけ旅行記 2004

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。