2006年12月21日

トニー・ベネットのトリビュートライブ放送

豪華なスターたちがトニー・ベネット80回目の誕生日を祝うトリビュートライブ。1月2日22:00〜23:00、NHK-BS2で放送。カットされていなければコステロ夫妻も登場するはず? なのだが、私は多分見られないのであった。悲しい。

詳細はNHK BSオンライン「きょうから7日以降の放送ラインナップ」に載っています(注:放送日が近づいたら、情報が別のページに移動するかもしれません)。
posted by hitomi at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

ロン・セクスミスが選ぶ今年の10枚

ロン・セクスミスの選ぶ今年の10枚。ロンのオフィシャルサイトおよびmyspace上にて公開されている。

Top 10 Releases for 2006

Bob Dylan- Modern Times
Kate Bush- Aerial
Elton John- The Captain & The Kid
The Flaming Lips- At War With The Mystics
Ray Davies- Other People's Lives
The Raconteurs- Broken Boy Soldiers
Johnny Cash- American V- A Hundred Highways
Allen Toussaint & Elvis Costello- The River In Reverse
Tom Waits- Orphans: Brawlers, Bawlers & Bastards
Neko Case- Fox Confessor Brings the Flood

だそーです。レーベルメイト(?)のラカンターズが選ばれているのが微笑ましい? それはさておき、権威のある賞に選ばれることにももちろん意味はあるけれど、同じミュージシャンに選ばれることにはまた別の意味があるはず。もしコステロが同じ企画に答えるなら、ロンの新譜が入るんじゃないだろうか、と妄想してしまった。
posted by hitomi at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

ライブ映像放送?

NHKのサイト(http://www.nhk.or.jp/bs/navi/docum_fw.html)より。

新番組 ワールドプレミアムライブ

1月12日(金) 後8:00〜9:30(BS-Hi)
毎週金曜 後8:00〜9:30 (BS-Hi)

「ワールド・プレミアム・ライブ」は世界や日本国内でハイビジョンで制作されたロックやジャズなどのポピュラー系ライブ音楽番組を3つのシリーズで構成する新番組。

【シリーズ別解説】
1.「ワールド・ロック・ライブ」(毎月2〜3本)
2006年にアメリカで放送中の”CONTROL ROOM“と”DECADES ROCK LIVE“、英国で2006年11月から放送される”LIVE FROM ABBEY ROAD“を毎回ナビゲーターの解説をまじえて、迫力満点のライブ演奏を5.1サラウンドでお送りする。

【ナビゲーター】クリス・ペプラー、野宮真貴

放送予定:1月12日(金)「ボンジョビ」 
1月19日(金)「エルビス・コステロ」

2.「スーパーライブ」(毎月1本程度))
J−POP人気アーティストの最新ライブ。
放送予定:1月26日(金)「スガシカオ」

3.「アーカイブ・スペシャル」(毎月1本程度)
NHKがこれまで国際共同制作や国内で収録した世界的ミュージシャンの貴重なハイビジョン収録ライブを厳選してお送りする。
放送予定:モントリオール・ジャズ・フェスティバル「オスカー・ピーターソン」
posted by hitomi at 22:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

ルシンダ・ウィリアムズの新譜にコステロが参加

washingtonpost.comの記事によると、ルシンダ・ウィリアムズのニューアルバムにコステロがゲスト参加するとのこと。販売元は今回もLost Highway。US盤は2007年2月13日発売。日本盤はHMVのカタログに既に掲載されていて、どうやら日本先行発売(2月7日)な様子。ルシンダ&コステロのデュエットはもちろん、ルー・リードやビル・フリゼールの参加も気になるところ。面白そうな1枚です。
posted by hitomi at 23:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

コステロとトゥーサンのDVD

いつも情報盛りだくさんのElvis Costello Wikiによると、11月21日にコステロ&トゥーサンのDVDが出るらしい。タイトルは『Hot As A Pistol/Keen As A Blade』、発売元はユニバーサル傘下のHip-O Records。詳細は分からないが、今年の北米ツアーのDVDっぽい感じ。インポスターズやクレッセント・シティ・ホーンズ、アンソニー・ブラウンが参加している映像ってこと? 買うしかないな、こりゃ。

さて、どーやって入手するか。Hip-Oの商品は海外通販でしか買ったことないのよね。ときどきディスクユニオンで見かけるけれど、大量に入荷している気配はなさそうだし。一応amazon.comのカタログには載っているみたいだし、発売日もちょっと先だし。なんとかなるかしら。
posted by hitomi at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

bounce bookの新刊

New Orleans The Music & Living Large

トゥーサン&コステロの対談が載るらしい。
8月25日発売。まさにカトリーナがアメリカに上陸した日だ。
1365円[税込]で、収益の一部はカトリーナ基金に寄付されるとのこと。
posted by hitomi at 20:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

BOAO8月号、No Depression Vol.64

BOAO8月号を書店で確認。確かにコステロとアランのインタビューは載っていた。が、カラー1ページくらい割いて欲しかったな〜とか、写真は撮り下ろして欲しかったな〜とか、財布の寂しさをごまかすために無理矢理不満を並べ立て、購入せず。マガジンハウスさん、おしゃれセレブの行きつけショップにゃ興味のない人間でごめんなさい。

いろいろ諦めたものの、やっぱり紙モノが欲しくなりElvis Costello Fan Forumに書かれていたNo Depressionをネットで探し、注文。送料込みで11ドルちょっと。中身が分からないジャケ(表紙)買いだけど、表紙になっているくらいだし。きっと内容も濃いはずだろう、と勝手に期待。

あー、そろそろレココレあたりでコステロ特集してくれないかなあ。
posted by hitomi at 00:52| Comment(0) | TrackBack(2) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

ラピタ8月号、THE DIG No.45、beatleg8月号

まとめて書店で確認。

ラピタはカラー1ページ。文字少ない。コステロ二言、三言。
THE DIGはモノクロページ。思っていたよりも扱いが小さい。
beatlegにはEC、AT、SN("purple kimono")の6/13の写真。

全部買ったら3000円ちょいか。厳しいなあ。
お財布に相談したら「全部買うのは無理だろ」だってさ。
明日発売のBOAOをチェックして、4冊を天秤にかけることにしよう。
posted by hitomi at 00:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

今後のメディア情報

Yahoo!掲示板に、なんともありがたい投稿が。あくまでもアラン・トゥーサンに関する情報のようですが、きっとコステロ兄さんも多少は絡んでくることでしょう。情報ありがとうございます(って、ここで感謝しても伝わりませんよねゴメンナサイ)。

以下、私が知らなかった情報のみ抜粋&私に都合のいいよう並び替え&微妙に補足。
6月25日(日)
intoxicate (タワーレコード) / インタビュー (A.Toussaint) *
bounce Vol.277(タワーレコード) / 表紙、インタビュー
*これ、偶数月20日発行だと思うのですが。発行日変わったのかしらん。

7月2日(日) or 9日(日) 24:00〜24:30
SHOWBIZ COUNTDOWN (テレビ愛知制作、テレビ東京系列) / コメント他

7月6日(木)
Lapita 8月号(小学館)/ インタビュー

7月7日(金)
BOAO 8月号(マガジンハウス) / インタビュー記事

7月25日(火)
bounce Vol.278(タワーレコード) / インタビュー(A.Toussaint)

8月1日(火)
BRUTUS Vol.599(マガジンハウス) / インタビュー(A.Toussaint)

8月25日(金)
エスクァイア日本版 10月号(エスクァイア マガジン ジャパン) / インタビュー特集 (A.Toussaint)

8月下旬
ニューオリンズ特集本(タワーレコード) / インタビュー (A.Toussaint)
一般誌で取り上げられると知り、思わずガッツポーズ。永続的なファンを獲得できるかどうかは知らんが、興味のない人にとってキッカケになればいいなと思う。しかしBOAOって。果してどのよう扱われるのか、実に楽しみであります。

事前にメディア情報が分かっていると本ッ当に助かります。こんなにたくさん、知らなかったらチェックしきれないもの。

余談だが、昔とあるミュージシャンの来日公演に行ったときのこと。終演後にスタッフの方からセットリストをいただき、その裏面を見てギョッとしたことがあった。なんと、そのミュージシャンの来日中のスケジュールがビッシリ書いてあったのだ。宿泊地やオフタイムの情報は、モラルの問題として見なかったことにし、忘れるよう努めた。が、「×月×日 ◯◯◯の取材」「◯月◯日 △△△のインタビュー」といった類の情報は大いに活用しまくりましたゴメンナサイ。すぐさま手帳にメモし、後日掲載誌をチェックしまくりましたゴメンナサイ。

えーと、何の話だ? ああ、メディア露出情報サンキューって話だ。せっかくいただいた情報です。漏らすことなくチェックさせていただきます。知らなかったらきっと見逃していたですよ、ラピタとか。
posted by hitomi at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

フジテレビ 中島美嘉 特番

以下、中島さんのオフィシャルサイトより引用。
フジテレビで特番が放送される事が決定しました! 内容は、ニューオーリンズロケや先日品川教会で行われたプレミアライブの模様、インタビューなど盛りだくさん。みなさんお楽しみに!

タイトル:
中島美嘉 よみがえれ ニューオーリンズ 〜再生への祈り〜

放送局:
CS放送=スカイパーフェクTV!フジテレビ721
地上波放送=フジテレビ【初回放送日時】

放送日時:
CS放送=7月1日(土)21:00〜22:30 <再放送>8月2日(水)23:00〜24:30 ほか
地上波放送=7月18日(火)26:43〜27:43予定
CSは見られないから諦めかけていたのだが...! 少し先になるけれど、地上波でも見られるなんてウレシイ! 当然アランとコステロも映るよね、ね? っていうか映してくださいお願いします。
posted by hitomi at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

明日はボナルー・ミュージック・フェス

Bonnaroo Music & Arts Festivalと言っても、これから現地に乗り込むわけではない。コステロのオフィシャルサイトをのぞいたら、「AT&Tのblue room でBonnarooフェスのストリーミングやるから見てね!」との情報が。さっそくサイトを見てみたら、やってるやってるー。いまトム・ペティやってるー。すごいなあ、これ、ライブ丸ごと? コステロのステージも絶対に見なくちゃ! タイムテーブルはこちらを、映像観るならこちらをクリック。

コステロがステージに立つのは6月17日17:30(現地時間)とのこと。日本だと明朝かしら。時差14時間くらい? ってことは、朝7時くらい? うへー、今日呑みに行っちゃうんだよなあ...。早起きする自信ないなあ...。あ、寝なきゃいいのか。
posted by hitomi at 12:47| Comment(2) | TrackBack(2) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

ドイツの人はいいなあ

アメリカのiTMSで『River in Reverse』が買えるようになったよ、とのメールあり。

Download version includes the bonus track "Where is the Love" and an interactive digital booklet.

嬉々としてアクセスしたものの、アルバム丸ごと買わないとこの曲は付いてこないらしい。うーん、シングルや『Clarksdale Sessions』的なブツのリリースを期待しつつ、いまは待とう。アナログ注文しちゃってるし。EU盤かUS盤のCDを買おうとも思っているし。iTMSのプリペイドカードみたいなヤツの残金少ないし(いま5ドルしかない)。

ドイツのiTMSなら、このボーナストラック1曲だけ買えるのになあ。ちぇっ。

追記(2006/06/11):
ayakoさん、トラックバックありがとうございます。"Where Is the Love"は、どうやらドイツ以外のiTMSでも買えるようです。それでもやっぱり日本じゃ買えないのね。しょんぼり。
posted by hitomi at 00:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

ボブ・ディランのラジオ番組

当初、今年3月から始まる予定だったボブ・ディランのラジオ番組。2ヶ月遅れで5月3日からスタートすることになったらしい。ゲストとしてコステロの名前も挙がっている。

Bob Dylan's show will debut next month (detnews.com)
posted by hitomi at 00:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

コステロが選ぶ BookerT and The MGs

Stax Profiles / Booker T & The MGsスターバックスの次はスタックスですか。選曲とライナーノーツをコステロが担当しているらしい。解説、日本語で読みたいから日本盤待ちかな。同じシリーズで、ダン・エイクロイドが選ぶエディ・フロイド、ヒューイ・ルイスが選ぶジョニー・テイラーなんてのもあるみたい。詳しくはOngakuDB.comのこの記事で。

コステロが選んだ15曲(発売元のビクターエンタテインメントのサイトから引用)。
01. TIME IS TIGHT(Jones - Cropper - Dunn - Jackson)
02. BURNT BISCUITS(Moman - Jones)
03. JELLYBREAD(Jones - Cropper - Steinberg - Jackson)
04. CHINESE CHECKERS(Jones - Cropper - Steinberg - Jackson)
05. BOOT-LEG〔LIVE〕(Axton - Dunn - Hayes - Jackson)
06. HEAD OR TAILS(Jones - Cropper - Dunn - Jackson)
07. HIP HUG HER(Cropper - Dunn - Jackson - Jones)
08. LADY MADONNA(Lennon - McCartney)
09. OVER EASY(Jones - Cropper - Dunn - Jackson)
10. HANG 'EM HIGH(Dominic Frontiere)
11. SOUL CLAP '69(Jones - Cropper - Dunn - Jackson)
12. SOMETHING(George Harrison)
13. SUNDAY SERMON(Art Jerry Miller)
14. GREEN ONIONS〔LIVE〕(Jones - Cropper - Steinberg - Jackson)
15. FUQUAWI(Jones - Cropper - Dunn - Jackson)

『Stax Profiles / Booker T & The MGs』(4月25日発売・US盤) →amazon.co.jp
『STAXプロファイル ブッカーT & MGs』(5月24日発売・日本盤) →amazon.co.jp
US盤は一度に10種類出るみたいね →hmv.co.jp
posted by hitomi at 08:02| Comment(3) | TrackBack(1) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

TITLE5月号

明日発売号にコステロのインタビューが載るらしい。特集はUKロック。以上、さっきラジオで聞いた情報を携帯電話から送信。
posted by hitomi at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

ワイルドマウンテン

ワイルドマウンテンレコ収集家マンガ『レコスケ』でおなじみ(奥田民生、スネオヘアー、ミドリカワ書房などのジャケでもおなじみ)本秀康さんのマンガ。新刊ではコステロの曲がサブタイトルになってるじゃないですかっ! このマンガ大好き。コステロも好き。なんだかウレシイわ。

ワイルドマウンテン 3
著者:本 秀康
ISBN:4091883125
判型:B6判
定価:630円[税込]
発売日:2006/02/28

●本秀康サイン会〜本秀康秘宝館(3月5日15:00〜 中野タコシェにて)
●さすらいのレコスケ(レコ友達はいいもんだ の巻)
posted by hitomi at 22:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

プレザンテ

2月4日。地下鉄の中吊りを眺めていたら、コステロの名前発見。『プレザンテ』(2月6日発売号)に何やら記事が載るらしい。
http://www.artcommunication.jp/magazine/pre.html

表紙写真にコステロの名前はないが、中吊り広告には載っていた。とりあえず明日、買ってみる。
posted by hitomi at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

VMCでコステロ特番

タイトルの通り。tamaさんに教えてもらいました。
http://www.spaceshowertv.com/vmc/program/vmc_selection/costello.html

以前も書いたが、このチャンネル、ウチじゃあ見られんのよね。とほほ。
posted by hitomi at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

My Flame Burns Blueの映像?

My Flame Burns BlueスペースシャワーTVのエルヴィス・コステロ映像リストに、いつの間にか"My Flame Burns Blue"と"Hora Decubitus"が追加されている。何これ? プロモーションビデオ? それともライブ映像?

同じくリストアップされている"God Give Me Strength"も気になるところ。曲名をクリックすると「発売日 2006/01/13」って表示されるのよね。『ペインテッド・フロム・メモリー』や『グレイス・オブ・マイ・ハート』ではなく、『マイ・フレイム・バーンズ・ブルー』の"God Give Me Strength"ということだろうか。うーむ。

直近では1月25日にVMCの『V-R EVENING INTERNATIONAL』(20:00〜21:30)にて"Hora Decubitus"が放送されるようだ。が、ウチじゃVMCは見られんのでした。がーん。

見たい。私にコステロを見せてくれ。そんな熱い思いを込めて、我が家で視聴できるスペシャ宛に"My Flame Burns Blue"をリクエストしてみた。リクエストが通るとメールでお知らせしてくれるんですって。ドキドキ。頼む放送してくれ〜(できれば私が家にいる時間にオネガイ)。

 ◆音楽チャンネル オンエアリスト
 スペースシャワーTV今日明日
 VMC今日明日
 Music On! TV今日明日
 MTV JAPAN今日明日

★追記[2006/01/28]
グラモフォンのサイトにビデオクリップがアップされました(ayakoさん、情報ありがとうございます!)。右側の「select a mediaclip」、もしくは左側の「MULTIMEDIA」から再生できます(要RealPlayer)。テレビ放送をチェックできない方はぜひ!
posted by hitomi at 21:45| Comment(8) | TrackBack(1) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

エルヴィス コステロ She 試聴

Elvis Costello / She* 試聴(×視聴)できる通販サイト
Elvis Costello『Very Best Of Elvis Costello』(HMV)
O.S.T.『Notting Hill』(Barnes and Noble)
O.S.T.『Notting Hill』(amazon)

* 歌詞
http://www.allspirit.co.uk/she.html
http://www.elviscostello.info/lyrics/misc2.html#she

* オススメCD
エルヴィス・コステロ『She』(HMV)
エルヴィス・コステロ『She』(amazon)
US盤やUK盤より1曲多い日本盤シングル。Sheの歌詞の和訳つき。
カップリング曲はすべてバート・バカラックとのコラボ。
She以外の曲も気に入ったらこっちもぜひ。って、ちょっと! いまこんなに安いのかよ!!

もっとコステロの曲を聴きたい人には、Sheを収録したベスト盤がオススメ。
Elvis Costello『Very Best of Elvis Costello』(amazon) 2枚組
Elvis Costello『Very Best Of Elvis Costello』(HMV) 2枚組
エルヴィス・コステロ『ベスト・オブ・エルヴィス・コステロ』(amazon) 1枚組
posted by hitomi at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
almost ideal eyes Elvis Costello 追っかけ旅行記 2004

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。