2005年11月25日

GAP Favorite Songs

GAP FAVORITE SONGSGAPで7800円以上(だったかな?忘れた!)買い物をするともらえたノベルティCD。キャンペーンは終わってしまったが、現在でもネットオークションを利用すれば手に入りそうだ。

インキュバスのブランドン・ボイドがカバーする"Alison"。なかなか良い。オケもボーカルも、かなりオリジナルに忠実。聴きようによってはカラオケ的でもあるが、コステロを真似たようなブランドンの歌い回しには好感が持てる。きっと好きなんだろうね〜、コステロのこと。決して原曲の良さをぶち壊すようなカバーではなく、安心して聴ける。

(1)と(6)が白眉。こりゃたまらん。さらにCDの制作はRhinoのようだ。Rhinoファンなのでうれしいわ。

 1. John Legend / Hello It's Me (Todd Rundgren)
 2. Joss Stone / God Only Knows (Tony Asher,Brian Wilson)
 3. Jason Maraz / One Love (Bob Marley)
 4. Alanis Morissette / Crazy (Seal)
 5. Brandon Boyd / Alison (Elvis Costello)
 6. Michelle Williams / Let's Stay Together (Al Green)
 7. Keith Urban / Most People I Know Think That I'm Crazy (Billy Thorpe)
 8. Michelle Branch / Life On Mars (David Bowie) *Bonus Track
posted by hitomi at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴いた、見た、買った | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

My Flame Burns Blueはヨーロッパ先行発売?

1月13日の日本先行発売を信じきっていたのだが、
いまHMVのサイトを見たら、EU盤が12月25日発売となっていた。

Live With The Mtropole Orkest: My Flame Burns Blue
 キャンペーン税込価格: ¥2,259
 ジャンル: ロック
 フォーマット: CD
 組み枚数: 2
 発売日: 2005年12月25日
 カタログNo: 4775961
 レーベル: DG MOZART JUBILEE
 発売国: Europe
 その他: ライブ盤
 http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1423005

えー、そうなの? 日本盤を買うつもりだったんだけどなあ。
posted by hitomi at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年2月来日公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

The Other Side Of Summer ズバリ315円

The Other Side Of Summer Promtion CDソニーBMGについて愚痴ることに嫌気が差し、土曜日はアナログ盤を探しに町へ。同じ音が出るものでも、黒くて溝があるヤツなら無駄な心配などしなくていいから気が楽だ。ただし、給料日前の私には激レアアイテムを買う余裕などはない。必然的にチェックするのは激安商品の集中したダンボール箱になる。

コステロにはまったく関係のないレコードを何枚か買い、一応CDのダンボール箱も見てみるとコステロのアイテムが。『The Other Side Of Summer』のUSプロモCDだ。コステロものをコンプリートすることなどあきらめている私は、いつもだったら素通りした。が、今回は無視できなかった。だって「ズバリ315円」な上に、同じものが5枚もダンボールに投げ込まれているんだもん。このCDの価値はよく分からないが、とりあえずプロモ盤だよ? Promotion Only、Not For Saleだよ? こうも無造作に売られていると、さすがに「1枚くらい私が減らさないとマズイ!」という気になってくる。もし私がコステロのファンじゃなかったら「プロモ盤を投売りされる人」って印象を持つよ、きっと。「4枚買って、誰かファンの人に配っちゃおうかな...」とも思ったけれど、店員さんに転売目的だと思われるのも嫌なので1枚だけ購入...。もしここをご覧の方で欲しい方がいたら、ぜひ新宿ユニ○ンへ。売れていなければ、1階のCD売り場にあります。

そして更にショックな出来事が。コステロのサイン入り『Man Out Of Time』の12インチが、1260円で激安ダンボールにブチ込まれていた。ちょ、ちょっと待ってくれ! これサイン入りですよ! 壁の花にしてくれ! それが無理でも、せめてもうちょっと高く売ってくれ〜!

なぜこんなことになったのだろう。コステロのサインが豪快で、まったく読めないせいで、所有者の落書き(または偽サイン)と思われたのかしら。うん、そうだ。きっとそうに違いない。「今日は1000円以上のものは買わない」という自分のルールがあったので、こっちは買わずに店を出たものの、いまだに1260円で売られていると思うと胸が痛む。コステロの筆跡鑑定に自信のある方、売れていなければ新宿ユ○オン7階の安売り箱にありますから、チェックしてきてください。本物のサインだと思うんだけどなあ...。違うのかなあ...。
posted by hitomi at 18:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 聴いた、見た、買った | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

ますますバート・バカラックの新譜を買えない?

ソニーBMG、CD回収へ 侵入ウイルスの潜伏手助け(Yahoo!ニュース/共同通信)
SONY BMG MUSIC ENTERTAINMENTの声明文
対象商品一覧

例のCCCDを買った人はちゃんとしたCDと交換できて、小売店にあるものはすべて回収する、と。

ん? いますぐ聴きたくても「泣く泣くCCCDを買う」という選択肢すらないってこと? ああ、もう本当に嫌だ。音楽を聴くことを趣味に選んだだけなのに、なぜこんな不愉快な思いしなくちゃいけないのだろう。嫌になってくるよ、もう。

そして私は今日もまた、視聴用音源を延々と聴くのだった。
posted by hitomi at 22:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バート・バカラックの新譜を買えない

来日公演が決定し、PV集がリリースされ、ライブCDの発売が決まり、コステロ・ファイルも始動。ここ3ヶ月間で何度「やった〜!バンザ〜イ!」と叫んだことか。アラン・トゥーサンとのコラボレーションの情報も、日本の音楽系サイトでぼちぼち取り上げられてきた。あのね〜、もうバンザイしたくても肩が痛くて上がらないんですけどね〜。と、贅沢な悩みだってことくらい百も承知で書いてみるよ。

そういえばコステロが参加しているバカラックの新譜もあったのだ。評判を知りたくてネットをさまよっていたら、US盤はいま話題のソニーの変なCDになっちゃったことを知った。先週amazonから届いたという方が日記にそう書いていて、愕然としちゃいましたよ。バカラックの顔に泥を塗られた気分だ。非常に不愉快です。

ま、元々日本盤の情報が出るまでは、何も買わずに悩むつもりだったけれど。この際LPが出るまで待っちゃおうかな、と思っている。なんならカセットテープでもMDでもDATでもいいよ。待ったところで出るとは限らないが、そのときは試聴音源聴きまくって我慢してやるから覚えとけ!(地味な抵抗だ)

ソニーが音楽CDに組み込んだ“Rootkit”とは何者か?(@IT)
Barnes&Nobleで試聴
Juno Recordsで試聴

Juno Recordsの視聴音源は、コステロのボーカル入りになっている(4曲目)。MP3のデータを簡単に保存することもできる親切設計だ。いずれも1分半程度だが、全部つなげるとメドレーっぽく聴けていい感じですよ! ってのはたんなる負け惜しみです。早くCCCDではないメディアでフルで聴きたいです。
posted by hitomi at 00:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

迷惑な洋服

先日、この写真が載っている古い記事を見て
Attractions
スティーヴの胸にある数字が気になった。
「写真、反転してないか?」と。

しかし真相は、反転しているのは写真ではなく、
スティーヴの胸の数字自体が反転していたのだった。
Attractions

「私だったら、きっと間違えて"47がちゃんと読めるように"
入稿しちゃいそうだな、恐い恐い」なんて思っていたのですが。

どうやらスペイン盤のデザイナーさんも
私と同じ考えだったようです。
Attractions

洋服の右前、左前でも判断できるけどさー、文字らしきものがあればそっちに合わせたくなるよ、普通! こんな迷惑な洋服、見たことがないよ!

と、スペイン盤で間違えちゃった人に妙な親近感を抱いていたら、コステロのジャケ写のアタリを取る夢を見た。図版を縮小コピーし、スプレーのりをかけて、指定紙にペタッ。写真が反転せぬよう細心の注意を払いつつ、延々とこの作業を繰り返す夢だ。どーせ夢なんだから最前列でライブを見るくらいの派手な夢を見たいものだ。ま、こういう地味なことを真剣に考えているからいけないんだろうけど。
posted by hitomi at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エルヴィス・コステロ・ファイル

多くのファンがあきらめかけていたであろうコステロ本、『エルヴィス・コステロ・ファイル』が動き出した(k_turnerさんの記事より)。

コステロ本と言えば、コステロ本人が書く本の話もありまして。ファンとしては日本語版も出て欲しいとは思う。でも、しばらく日本語のコステロ本が出ていないことを考えると、いきなり本人が書いたものを読んだら唐突な感じがしそう。間に1冊、日本語で客観的に書かれた研究本か伝記本が出れば上手くつながりそうだけどな〜、てなことを先月末にayakoさんに話したばかりだったのです。

その直後にコステロ・ファイル始動のニュースですよ! ひとりで勝手に思いが通じたと喜んでしまいましたよ! 私の場合、ファンになったタイミングが問題で、日本語のコステロ関連本を新刊として買ったことがなかった。が、今回は他のファンのみんなと同じタイミングで読み始められるのが嬉しくてたまらない(ファンになって以降、伝記本の日本語版が出た。しかし原書を読んでいる真っ最中だったため、なんとなく悔しくて結局原書で読んじゃったのだ。意地の使いどころが間違っている...)。

シンコーミュージックのアーチストファイルシリーズは、ラモーンズのものを最近読みました。ディスコグラフィーなどの基本情報から、関係者のごく最近のインタビューまで載っていて、読み応えのある本だった。隅々まで作り手の愛情とサービス精神いっぱいで、きっとコステロファイルもラモーンズファイルに負けないくらい良い本になることでしょう。なんてったってk_turnerさんの仕事だもの。大船に乗ったつもりで書店に並ぶ日を待ちます。何年も待ったファンだけでなく、これからファンになる人にも必読書になりそうな予感...。楽しみだー。
posted by hitomi at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

バス男

http://www.foxjapan.com/dvd-video/cgibin/UserSearch/foxhe_search.cgi?page=detail&jan=4988142186485

原題『Napoleon Dynamite』。
タイトルに惹かれて楽しみにしていたんですけど。
こんな邦題になっちゃうとは。とほほ。
posted by hitomi at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

Right Spectacle 〜みんなで観賞会編

先週末はコステロ追っかけ仲間のたつさん、ayakoさん、tamaさんといっしょに飲み会。今回の酒の肴は『Right Spectacle』。このDVDにあれこれツッコミを入れながら飲むという趣向で、渋谷のパセラへ。

プロモーションビデオには、コステロ本人のコメントが音声と字幕でついている。監督が誰で、どこで撮ったかという情報をしゃべりまくるコステロ。ダリル・ホール共演バージョンの"The Only Flame In Town"のPVは、ラモーンズの映画『ロックンロールハイスクール』のアラン・アーカッシュが監督だったという説明にはびっくり。ためになるなあ。

他にもトリビアをバンバン織り交ぜてくるコステロさん。

"Pump It Up"のビデオでは

私「あれ? ブルースの右手が変だ」
tamaさん「包帯してる?」
コステロ「Mr. Thomas was juggling with a beer bottle and cut his hand」
一同「(大爆笑)」

"Love For Tender"のビデオでは

ayakoさん「とてもダンスのレッスンを受けたとは思えない」
コステロ「I particularly like Pete's movements in this one(笑)」
tamaさん「いや、ピートが特にいいとも思えない」

"Peace, Love and Understanding"のビデオでは

たつさん「スティーヴ、ギター持たされてるよ」
コステロ「Mr. Nieve is playing my guitar because we couldn't find a keyboard」
私「ないって...おい! でもね、このスティーヴのまったく動かない左手が可愛いんだよ」
コステロ「......」
私「ノーコメントかよ!」

といった調子で、コステロのコメントと私たちの会話が成立することもしばしば。まるでコステロといっしょに観ているみたいで楽しかったわ。

追記:
このDVDの日本盤のリリースが決まったそうです。
tamaさん、教えてくれてありがとうございます!
ワーナーさ〜ん、日本盤買ったらCDショップでサイン会とか
やってみたりしましょーよ! もしそうなら日本盤も買っちゃうよっ!
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1431932
posted by hitomi at 00:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 聴いた、見た、買った | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

North Sea Jazz Festival音源

2004年7月のライブ音源が来年1月にリリース予定とのこと。
時期的にも内容的にも、来日公演前にぴったりなのではないかと。
非常に楽しみです。

ドイツ・グラモフォン(輸入盤)、来年前半リリ−ス予定アイテム(WEBぶらあぼ)
グラモフォンのアーティストページ

追記 (2005/11/04):
ザックコーポレーションの情報によると、
日本先行発売を予定しているそうです。

さらに追記 (2005/11/06):
ザックコーポレーションのサイトにて詳細発表。
http://www.zak-tokyo.co.jp/artest/2005/costello/album.html

またまた追記(2005/11/24):
EU盤は12月25日発売との情報あり。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1423005
posted by hitomi at 20:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年2月来日公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
almost ideal eyes Elvis Costello 追っかけ旅行記 2004

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。